--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.23
Fri
朝から激アツでした。

午前中は、ちょっと仕事みたいな事して。

あまりにも暑さにへばりました…

暑さに負けじと、行動

最も行きたかった展覧会「サントリー美術館」へ

『 谷文晁展』


見出しどうり、ホントに
「この絵師、何者?!」
と思わせる作品の数々。
絵の世界に入った当初は、狩野派で学んだ文晁。しかし、学ぶ姿勢は派閥をも超える。円山四条派、土佐派…など多数。洋風画をも学び、各画法の技術を研究会得。努力を重ね一家をなした巨匠の一人。文晁の作品の膨大さ、様々な技法と活躍の場は、彼の人物像を特定出来ないでいるようだ。
それ程、描く資金があるのはパトロンに松平定信がいた事。当代一流の文化人たちと親しく交わり、文化・情報を得られた環境があったようだ。
中でも、涅槃図・「石山寺縁起絵巻」は、圧巻。石山寺~は、修復後初公開である。
文晁の多彩な交友関係から生まれた酒井抱一らとの合作名画も興味深い。
文晁を拝観して思う事は、絵師としての姿勢は違うにしろ、絵に向かう姿勢・探究心は、少し北斎と共通する所があるような…。
仕事に対して 情熱と探究心を持つ姿勢!素晴らしい
時折、自分の仕事への姿勢を少し振り返るような事もあり、とても刺激のある展覧会でした。
見応え充分! 訪れた甲斐がありました。
時間がなく、もう一つの「東京都美術館」の『ルーブル美術館展』にいけなかったねは、残念…。
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://arakawa6202.blog.fc2.com/tb.php/89-8c34bcdf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する