--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.11
Mon
だいぶ空きましたが…。

続き。

戸隠神社五社巡り最後。

戸隠神社奥社:祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)

九頭龍社:地主神

入り口の大鳥居から、真っ直ぐ続く約2kmの参道(車両進入禁止)を登りきった場所にある。

大鳥居から1.2km程先に、赤い「随神門(山門)」が現れる。


左右に神社を守る大切な役守りの 矢大臣・左大臣 がおられます。

山門をくぐると、左右に樹齢400年の約300本の杉並木になっている。


神仏分離以前は随神門より奥の参道左右に子坊が立ち並んでいたらしい。

杉並木は、暫くすると石段に変わります。

緩やかな石段~段々勾配がキツくなり。

最後は、段差が高い家庭の階段程に。

写真は、まだ緩やかな石段。

最後の追い込み段を終えると、ようやく奥社到着。

自分に「お疲れ~^^;」。

途中 山伏に会いました。駿足健脚で、迷いなく凄い速さで歩く様に感心しきり。


写真は、奥社 社務所から。

折角なので、新しい御朱印帳を購入(^-^)


奥社の左手に九頭龍社。

古来より、水神・雨乞い・虫歯・縁結び の神様。

奥社の祭命 天手力雄命が祀られる以前から、地主神としてお祀りされていたらしい。

お宿の方から こちらは忘れずにお参りして下さい!の言葉。念入りに参拝。

www.togakushi-jinja.jp/ ←詳しくはこちら。

*戸隠神社五社巡りの感想。
宝光社 空気が引き締まり。
中社 核なだけに人の熱気・エネルギーが湧く強さが。
奥社 修行の地なだけに、静寂と研ぎ澄まされた空気が感じる。人が沢山いようがそれは崩れる事はない。
登り切り参拝を全て終えると、香川・さぬき金毘羅宮より少しキツイかな~と。
静かな達成感である!
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.01
Fri
神道を更に15分弱進むと住宅地に出ました。

そこから、宿坊やお店が並ぶ中社参道を歩き中社に到着。

戸隠神社五社巡りの中核。

祭神は天八意思兼命。知恵の神。

大きな立派な鳥居。

真ん中に手摺りの付いた結構急な階段が。

こちらは、御神木が立派。

樹齢700年以上の御神木、800年以上の3本杉が目を引く。

社殿内天井の龍の絵が見事。

拝殿右手の「さざれ滝」も忘れずに!

杉の香りと滝の音が聞こえ、爽やかな参拝でした。

社務所にて、火之御子社と中社の御朱印を頂き、奥社に向かいます。



※ ↓写真取り忘れの為こちらを。
http://t.co/vGiVoFw5uV
comment 0 trackback 0