--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.23
Fri
朝から激アツでした。

午前中は、ちょっと仕事みたいな事して。

あまりにも暑さにへばりました…

暑さに負けじと、行動

最も行きたかった展覧会「サントリー美術館」へ

『 谷文晁展』


見出しどうり、ホントに
「この絵師、何者?!」
と思わせる作品の数々。
絵の世界に入った当初は、狩野派で学んだ文晁。しかし、学ぶ姿勢は派閥をも超える。円山四条派、土佐派…など多数。洋風画をも学び、各画法の技術を研究会得。努力を重ね一家をなした巨匠の一人。文晁の作品の膨大さ、様々な技法と活躍の場は、彼の人物像を特定出来ないでいるようだ。
それ程、描く資金があるのはパトロンに松平定信がいた事。当代一流の文化人たちと親しく交わり、文化・情報を得られた環境があったようだ。
中でも、涅槃図・「石山寺縁起絵巻」は、圧巻。石山寺~は、修復後初公開である。
文晁の多彩な交友関係から生まれた酒井抱一らとの合作名画も興味深い。
文晁を拝観して思う事は、絵師としての姿勢は違うにしろ、絵に向かう姿勢・探究心は、少し北斎と共通する所があるような…。
仕事に対して 情熱と探究心を持つ姿勢!素晴らしい
時折、自分の仕事への姿勢を少し振り返るような事もあり、とても刺激のある展覧会でした。
見応え充分! 訪れた甲斐がありました。
時間がなく、もう一つの「東京都美術館」の『ルーブル美術館展』にいけなかったねは、残念…。
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.20
Tue
続き…

ハシゴ2は。「太田記念美術館」

『江戸の美男子 若衆 二枚目 伊達男』

前後期合わせて300人もの江戸のイケメンが勢ぞろいする浮世絵展。
美人画とかはよくあるが 、美男子は珍しい
一つ一つ、150~300年前の和紙とはおもえないほど保存状態の良さに驚く。江戸時代の和紙・浮世絵制作技術の高さが伺えた。
若衆・役者絵・ファンタジー・町奴…
現代で言う、ビジュアル系・芸能人・ゲームやアニメ・刺青系 ・ガテン系…
あっ!京様風もいた 笑
江戸前期から中期には絹本および紙本著色の掛け軸や画帖や版本。
墨摺絵・紅絵・漆絵紅摺絵⇒錦絵…
風刺画もあり 浮世絵の時代変化も感じられて愉しい( ̄▽ ̄)
軸になっている作品は、特に風刺画の表具の生地が違う!
仏画系なら、西陣織などだが。風刺画は、絞りや染物など。それらが、更に粋に観せていた。
菱川師宣⇒鈴木春信⇒喜多川歌麿・歌川国芳⇒豊原国周 で締める 贅沢だ
しかし、相撲絵がなかった…
力士は、イケメンじゃないのかね~▽・エ・▽ 好きなんだけど~

こういう視点の展覧会が増えないかしら~
comment 0 trackback 0
08.19
Mon
美術館のハシゴをした

私の美術鑑賞は、どうしても日本美術に偏ってしまうけれど

本来 オールジャンルなつもり!

スタートは、「国立新美術館」

『アンドレアス・グルスキー展』
&
『アメリカンポップアート展』

同時に企画展示がなされたので

迷わず2つ

「アンドレアス・グルスキー」
2012年11月に撮った写真「RehinⅡ」が 430万ドル(約4億3000万円)で落札され、地球上に存在する写真の中で史上最高額の値段が付けられた事で有名。
大きな個展が日本で初!
以外だったな。
写真とデジタルを駆使し、時にはドキッとする強烈な視点。
そして、作品によってはジワジワくるメッセージ性。
無になって観て、胸がザワザワして、時には、ハッとして。
やはりグルスキーは、素晴らしいかった。

「アメリカン・ポップアート展」
まず、最初に アンディ・ウォーホルが浮かぶ。そう!キャンベルスープの!
世界有数のコレクターであるジョン・アンド・キミコ・パワーズ夫妻のコレクションを観れる!
これは観ないと損
拝観して驚いたのは、夫妻のコレクションの規模の凄さ。人脈の広さ。そして、感性。素晴らしい
ウォーホルの計算され尽くしたディテール。強いメッセージ性。巷の複写版では感じない、本物からくるエネルギーはスゴイ。
そして、ジャスパー・ジョーンズ。
50点以上の彼の作品を一同に観る。そうそう日本で出来るものではありません。
ロイ・リキテンスタインの「ブルーン!」
有名な作品だが、よく観ると以外にも4色しか使用していない。なのにあの完成度。

何度も言いますが、これだけ贅沢な展覧会はない。
見応えありました (*☻-☻*)
comment 0 trackback 0
08.18
Sun
泊まりで東京!久々~♪

折角なんで、会いたい方々に電話攻撃

そしたら~ ミラクル~(=゚-゚)ノ

ランチ&ディナー 1日でお二方とお逢いする事に ( ☼д☼)

出発からヒヤヒヤしましたが、無事待ち合わせに間に合い 再会(^^)

まずは、ランチバージョン

ザ・プリンス パークタワー東京
「芝天」さんで!



料理長の遠藤さん 素晴らしい☆

その後~

場所をスカイラウンジに移し



東京を見下ろしながらデザート頂き
しゃべるしゃべる 笑ーっ!

ディナー大丈夫かな…と、この辺りから若干不安に…

しかし、愉しい時間もあっ!という間

図ぅ図ぅしくも、次のディナーの場所まで送って頂いて(^^;; ははは…

いざっディナー

バーク芝浦の「クオン」さん



こちらも、夜景を観ながら~♪

観て食べてお話して、勿論 飲んで

ランチ同様 話は尽きず~♪

帰りは、少し芝浦辺りを散歩しながら夜風にあたり

この頃には、私 正直ちょいと疲れてました(_д_ll)…

丸一日、食べ続け、飲み続け、話続ける 汗))

甘えっ放しの時間

どちらの方も美容師1年生の頃から可愛がって頂いて

スタイリストになって全てお任せ頂き

私の事をあらゆる角度から知り尽くし、ほぼ育てて頂いた お二方に

恩返しすべきを~

今でも、「出てくるなら、連絡しなさぁい」とお声頂き

その言葉に甘え、しっかりご馳走になりまくる…私 (^^;;

あっ!勿論、お二方には手土産をご用意して行きましたょ!

もぅ 頭あがりません…

東京を離れても気にかけてくれて、暖かいお付き合い

人の繋がりに感謝*\(^o^)/*

さぁ、今日もタイトなスケジュール

そろそろ、お出掛けします
comment 0 trackback 0
08.07
Wed
ニュースで中央植物園の「さるすべり」が開花したと

近所の さるすべり も咲き始めてました

『百日紅』って書くんですよね

3ヶ月(約百日間) 咲き続けるから

秋まで咲き続けるって事か~

季節を跨ぐ… すごいなぁ

しかし、百日紅が咲くと 本格的に夏が来た と感じる

北陸の梅雨も開けたし~

予定どうり、明日から猛暑らしい…

しかし、暦上は明日 「立秋」

秋の気配のスタート

お便りも 「残暑~」ですね

反面、気温は一年で1番の高温の季節

んん~ 夏と秋の混在…

正に 四季を持つ日本の繊細さが出てる

複雑に感じるが、季節を跨いで咲く
『百日紅』がその象徴なのか

自然は、正直だ


comment 0 trackback 0
08.03
Sat
今年は、土用の丑の日が2回あるんですょね~♪

今日が、2回目。

二の丑です



鰻うまぁ~ ♪( ´▽`)
comment 0 trackback 0